蓄光パウダーを塗ってみる

秋のヒラメ

ヒラメは春と秋が釣れるらしいですが、素人の私には秋のヒラメは難しいです。むしろ冬の方がまだ釣れる気がします。もう少し我慢すれば釣れる条件になると思っているのですがどうでしょうか。

ダイソーへ行く

以前レジンで鯛ラバのコーティングをしましたが、今回は結構塗装が剥げてるものもあったので蓄光パウダーを使ってみます。とても細かい粉なので鼻息で飛ばさないよう注意しましょう。試しに付属の極小スプーンに3杯を取り出しレジンと混ぜてみます。爪楊枝でコネコネして光らせたい場所へ塗ってUVライトで硬化させます。他の部分はレジンでコーティングします。

ヘッド部分、左から前側に線状、前半分べったり、前半分薄めに塗ってみました。これにUVライトを当てると…

しっかり光ってます。こんな簡単に出来るのであればジグの補修にも使えそうです。ホログラムシールよりラメなどをレジンに混ぜて使えば簡単で綺麗に仕上がりそうな気がします。

まとめ

気温も下がってきて冬っぽくなってきました。釣り人の活性が下がれば私の活性が上がります。その時に備えて準備してます。

 

 

前の記事

Windyを使ってみる!

次の記事

安定のマダコ釣り