UVレジンでコーティングしてみた!

剥がれる塗装

ヒラメ釣りで私は出来るだけ多く底を取りたいのですが、特に鯛ラバは構造上ヘッドの同じ部分が何度も海底にぶつかる事になります。一度使用すると写真のように塗装が剥がれ始めます。遅かれ早かれ塗装は剥がれるので少しでも延命させたくUVレジンでコーティングしてみます。

コーティング

ウレタンコーティングしろと言われそうですが大変そうなので手軽にできそうなレジンを試してみます。準備するものはレジン液とUVライトです。今回はダイソーのUVレジン液を使用してます。

ヘッド部分にレジン液を塗ってUVライトで硬化させます。今回はレジン液を垂らしながら全体に塗っただけなので厚みもあり多少の凹凸もあります。厚みがあるからか硬化には時間がかかりました。UVライトを少し当てると垂れない程度には固まるので太陽光の入る部屋に置いとけば自然に固まります。

※ジグにも同じようにコーティングしてますが、厚みや凹凸で動きが変わる可能性もあるので心配な方にはお勧めしません。

効果は?

ずっと鯛ラバをキャストするわけではないですが、釣行5回でレジンが剥がれてきたので再度コーティングしました。普段行ってる釣り場では一回で必ず塗装が剥がれてくるのでかなり効果はあると思います。

 

 

前の記事

秋のヒラメ開始

次の記事

また君に~♪