アブガルシア タコスフィールド TKFS-762H

はじめに

タコ釣りをする場合は張り付いたタコを剥がしたりロッドで強引に引き抜いたりするのでタコ専用の硬いロッドがあった方が便利です。

タコ専用ロッド

このタコスフィールド TKFS-762Hは5年程前に買ったものですが問題なく現在も使用しています。2ピースのスピニングロッドで全長は7.6ftで短めです。適合ルアーは10g~180gになっていますが、私は堤防などの足元を探っていくような釣り方なのでエギとオモリ5号で使用しています。

タコを引き剥がす

根掛かりと思っても微妙にムニュっとした感触があったり、少し強めにひっぱると引っ張り返してくる場合はタコです。タコが張り付いたらラインを軽く張った状態で待ってみて時々壁から離れる方向へ力をかけます。タコの力が緩んだら一気に巻きあげて底から剥がします。

どうにもならない場合は力ずくになりますが、過去に何度かラインを切るつもりで引っ張ると剥がれた事があります。私はPE5号を使用しているので大抵はリーダーが切れるかエギが破壊されます。

引き抜くパワー

堤防でのタコ釣りはタモなしで行くので大きめのマダコでも強引に引き抜くしかありません。過去に2.2㎏のタコを引き抜いた事があるので良く釣れるサイズのタコは問題なく上がります。護岸など足場が石で隙間がある場所ではタモに入れた方がいいです。

まとめ

このタコロッドしか使った事がないので他との比較はできませんが堤防でタコを狙うならこれで十分です。絶対にタコ専用ロッドが必要という訳ではないですが、持っていれば心強いと思います。

    前の記事

    飛んで火に入る夏の虫

    次の記事

    まるむし事件New!!