SOTO マイクロトーチ

風に強そう

釣りをする人は結束部分にライター等で焼きコブを作る方もいると思います。100円ライターだと炎がゆらゆら安定しないし、風があると着火しないことも多いです。そこで電子ライターを探してたんですがなかなか使いやすそうなものが見つかりませんでした。結局ミニバーナー的なSOTO マイクロトーチにしました。

SOTOブランドはランタンやバーナーを作ってる日本の会社です。

使ってみた

SOTO マイクロトーチはライターガスを充填して使用する小型のバーナーです。横にガス残量確認窓があるので便利です。少し見づらいですが、気体と液体の境い目が来たら見えます。

火口キャップはほこりの侵入防止らしいです。閉まった状態では着火しないので安全装置的な意味もあると思いますが、着火しないだけでガスは出てます。キャップの開閉は手動です。

着火すると細い火が勢いよく出ます。炎の大きさは下部にあるつまみで調整できます。画像は炎が一番小さい状態です。

黒いつまみを回せば炎の調整ができます。この部分はマイナスドライバーが必要なものが多いので、手で簡単に調整できるのはとても便利です。中心にあるのがガス注入口です。

まとめ

私はあまり焼きコブを作る事がないので別になくても困らないですが、持ってれば何かの役に立つかも知れません。例えば、ハサミを忘れたので糸を焼き切るとか、えーっと、急に焼き魚が食べたくなったとか、無人島に流されてサバイバル生活が始まるとか、、、まぁライターサイズなので持ってれば便利なんじゃないでしょうか。

火口部はタテ型もあるよ。

 

    前の記事

    大きなモーター