ジグで狙う寒ヒラメ

ベイトの気配?

前回の釣行で釣れそうな雰囲気なのに鯛ラバに全く反応がなく、水面の鳥が潜って小魚を捕まえてました。上からは見えませんがベイトがいるのかも分かりません。他にも思うことがあり今日は鯛ラバ2個とジグ3個を持っていきます。

釣れる雰囲気

まずはいつも通り鯛ラバから投げて様子を見ます。5分ほどキャストしていると珍しく広範囲でスーパーリーチな潮です。これは私の感覚的なもので日によって場所は変わります。慎重に探っていくも反応がないので準備してきたジグに変えます。私の原点ともいえるジグの3投目でゴンッときました。

ヒットルアーは赤金のジグで62cmのヒラメでした。ちなみにこのジグはリアフックが付いてません。私は自作のアシストフックを付けてますが、ヒラメ狙いなら必ずリアフックを付けるべきです。

ヒラメが釣れる感覚の潮とは⁉
・釣れる感覚とは
・その感覚とは何なのか?
・自分なりの考察
・まとめ

最近の想い

昔から釣りしてる人は同じ想いの方も多いと思いますが、押し寄せる多くの人は誰かが釣ったポイントとルアーだけに興味があるようです。冬の寒い時期でこんな状況なので春になったら絶望的です。そんな訳でのんびり釣りをしたい私の楽しみが奪われつつあります。

前の記事

ヒラメが釣れる潮を探す

次の記事

渋い3月のヒラメ