ヒラメ釣りには潮の変化が重要

潮汐

今日は大潮、朝が干潮になるので朝マズメはすぐに潮止まりになります。潮の流れが昨日までと逆になり、ベイトっぽい小魚もみえます。

実釣

この1ヶ月ほど40gのジグを投げ続けてきました。まだ釣果はほとんどありませんが、ずっと同じ重さを投げてると潮の変化が分かるようになってきました。例えば潮止まりの時間で、海面を見ると完全に止まってるのですが、ジグを投げるとフォールする感覚で潮が動いている事があったりします。

感覚的なものなので上手く説明できません。しかし、その感覚が何なのか?どうなれば釣れるのか?を理解しようと頭を悩ませているのですが分かりません。そんな事を考えながら投げてると、開始30分くらいでヒット!

釣果

こちらのルアーで45cmのヒラメでした。

何となくジグの動かし方が分かってきました。偶然ヒラメが反応する動きになってるだけなのかも知れないですが、釣れそうな時とダメな時の感覚がぼんやりと分かってきました。

でもやっぱりその感覚が何なのか、素人の私には分かりません。しかし同じ重さのジグを使うことは、潮の変化を感じるには重要な気がします。

前の記事

ヒラメの神が降臨⁉

次の記事

ヒラメの捕食タイミング