マッチザベイト?

ヒラメは潜んでる

干潮ですが潮目もあり期待しつつキャストしてみます。しかし潮止まりでイマイチな感じです。1時間ほど経った頃から潮が動き始め、ジグと鯛ラバを投げていきます。立ち位置を変えながら投げてるとイイ感じの場所があり鯛ラバにヒットしました。57cmのヒラメでした。

ベイトの正体

今回のヒラメはランディング時に水面で10匹以上のベイトを吐き出しました。体長5~6cm程度のベイトです。これは形的にはヒイラギ?っぽいですが、今日使った鯛ラバとは大きさも色も形も違います。これに近いジグも散々投げたんですけど、マッチザベイトにこだわる必要はないという事ですかね。

ヒラメを釣りたい方へ

誰かが釣った場所に同じようなルアーを持って集まるのではなく、近くの釣り場で釣れるまで自分の好きなルアーをキャストしてみてはどうでしょうか?簡単には釣れないかも分かりませんが、初ヒラメの頃には何かコツを掴んでると思います。すぐ釣れる場合もありますがそれはあくまで運です。

ヒラメの捕食シーン
狙われたベイトの動きや潮の流れなど、よく観察するとヒントが沢山あると思います。

 

前の記事

渋い3月のヒラメ

次の記事

水温と共に活性も上昇⁉