肉厚の寒ヒラメ

寒波の影響

ここのところ強風が続いているので皆さん釣りできてないのではないでしょうか。水温は8℃台に逆戻りですが今日の朝は風が弱そうだったので鯛ラバ4個だけ持って出動します。

低水温でも関係ない

まずはヒット率の高いオレンジの鯛ラバで開始します。そこそこ深さがあり満潮からの下げ始めでとてもイイ感じです。しばらくキャストしているとグググッと座布団を期待させるような重さのある引きです。ようやく浮いてきたのは61cmの分厚いヒラメでした。

最近の迷い

以前に座布団であろう大物を水面でバラした経験があり、あの時もう少しドラグを緩めておけば取れてたのではないかという思いがあります。それ以来ヒットした時に強引に巻くべきか少し遊ぶべきか葛藤します。PEラインの強度的には問題ないので、結局は身切れしないよう祈りながら強引に浮かせています。

シマノ ディアルーナ S96MH レビュー
現在使用しているロッドのレビューです。

前の記事

極寒の瀬戸内海ヒラメ

次の記事

ヒラメが釣れる潮を探す